安い自転車

間違いだらけの安い自転車選び

MENU

うちの子どもたちが好きな漫画に「うちの3姉妹」があります。子どもたちは毎週放送しているアニメも大好きで、私がときどき購入している漫画雑誌に載っている「うちの3姉妹」を見つけると、大喜びします。3姉妹のお母さんで漫画家の松本ぷりっつさん。さぞや大変な子育てなのかと思いきや、元幼稚園の先生だからか子どもの扱いには、そんじょそこらのお母さんより慣れていますし、いい意味で力を抜いて育児されている様子が伝わってきます。子どもの個性を尊重しているといった感じでしょうか。ただしやはり「うちの3姉妹」にも問題があります。これは我が家の場合ですが、漫画に登場する子どもの口癖を真似して、変な日本語をしゃべるといった点です。すでにちゃんと話せるくらい成長した上の子が、わざわざ3歳くらいの子のしゃべりかたを真似していまして、このまま継続していくときっと直らないのではないかと心配しているほどです。そのたびに注意しているので、「今度そんなこと言ったらもうテレビ見せないよ」と口うるさく言うくらいしか出来ません。子どもというのは、すぐにテレビなどに影響されてしまうものですよね。たとえばクレヨンしんちゃんもPTAからさんざん「見せたくない番組」と言われていたようです。私自身もあまり子どもたちには見せたいと思いませんし。しかし子どもたちに見せたいというアニメや漫画もたくさんあるのもこれまた事実です。子どもたちが大きくなったら、漫画との関係はもっと深刻な付き合いになっていくかもしれません。